記事一覧

居合稽古に真剣は不要 「町井勲」

表題の記事を見かけた。町井くんは我が連盟の4段くらいを貰っていたか・・・・その後、事もあろうに英信流町井派などと不遜なことを言っていた(笑)で、その論拠は、刀が痛むというところにあった。しかしね、町井くん よく考えてほしい。もちろん刀は文化財です。同時に道具です。昔の武士が居合稽古に模擬刀を使いましたか?道具は大事です、一流の板前は包丁にこるでしょう。一流の人は自分が使う道具に心血を注ぎます。アブ...

続きを読む

再掲 連盟会誌から 

平成28年度の会誌35号にさる9段の方の年頭所感が掲載されていて、一文が目を引いた。「我々が如何にあるべきかを考え直す時であると想います。伝承するものが何であるのか、ただ単に刀の抜き差しのみでよいのか?」私も同感であります。もちろん会誌は公開されているもので、居合同好の連盟所属を超えた全国の方々に向けられたメッセージと言っても過言ではないでしょう。甲※我々(居合者)が如何にあるべきか乙※伝承するもの...

続きを読む

言いたい放題の59分

2012年に制作されたDVDが出てきた。59分に渡り、言いたい放題を述べている(笑)流石にネットでは公表できない内容であり、武道の核心に迫ったやり取りもある。また、言い間違いや表記の間違いもある。ご希望の方にはお貸ししますので(基道館に限る) ご連絡ください。〇〇流やXX流ya,無双直伝英信流のバッタモンが聞いたら頭から湯気が出るような内容です昨夜から、新道場の人事についてかなり掘り下げた。まあ、嬉しい悲...

続きを読む

模擬刀といえどもスイカを切ってはならぬ

少し驚いたのだが、模擬刀で目隠しをして、スイカを斬る道場があるらしい。(関東まで行くと 士魂は擦り切れたか・・・・・・)それは、スイカ割りと言って浜辺のレクリエーションだが・・・・・図譜 初心者33則に、日本刀は修行者が拠り所とする至宝である、よって疎かにすることなかれと書かれている。また、当時は模擬刀など無く刃引きで居合修行する時代で、、敬虔の意を刀に捧げて(伝統文化)自己の修行に報いるとある**...

続きを読む

反感を招く記事(矛盾に満ちた私)

どこのHPだったか、次のような言葉があった。「業を見れば心がわかる」だから心を磨き上げよう (詳細は曖昧です)*************************************まあ、のどかなことですね。業を見る、ということは居合は敵対行動で、じっとして相手の業を見る・・・・・・つまり、斬られるという意味でしょうか。スポーツ居合ここに極まったようです。居合者は、一瞥で「勝負を決める」のが鉄則。立っているだけで相手の技量を見分けて...

続きを読む

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会・萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

私の立脚点 Sep 22, 2017
完全オーガニック 自家製パン Sep 22, 2017
人は死んだらどうなるの? Sep 22, 2017
【再掲】 端正に生きる Sep 22, 2017
ヤルノさんからのメール Sep 20, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
87位
アクセスランキングを見る>>