記事一覧

売上NO1が高品質とは限らない!

アサヒスーパードライが美味いとは人により違うだろう入れ歯洗浄剤 ポリデントが安全とは言い切れない巷にあふれる、それらの言い立てに素直に従うのもいいだろう。あなた方の権利と自由である。ただし、権利(RIGHT)とは、ただしいことをするときに「妥当」で「適正な」コトバで、未熟な子供がタバコを吸う権利も自由もない正当な権利a just right [claim]当然の権利a natural [due] right平等の権利an equal right法律[宗教]...

続きを読む

味わう能力と環境

世の中には、安いという理由で買い物をする人がいる。確かに、安いことはいいことだ。ただ、品質の面ではそうはいかない事柄も多い。今夜は、イチローモルトを飲む最初はストレートで、楽しむ。口に含むとスモーキーな余韻とずしんとした手ごたえがあるモルトだ昨夜同様にオーガニックレモンのホットウヰスキーとする飲みながら、こういう素晴らしいものを飲んでも感性が届かない人もいるのだろう、という哀れさを思う。居合に例を...

続きを読む

髪の毛1本踏んでも分る感性

今夜は1時間掛けて、足の手入れをした。私のような高齢者になると、すぐに足底が角質化してしまう。しかし、居合者としては、それはまずい。ということで、3週間に一度は徹底的に足のメンテナンスを行う、これが終わると、髪の毛1本踏んでも、エフ?という感触が戻ってくるのだ。多くの道場が、初心者に足袋を履かせない理由の一つもここにある。ただ、なぜ足袋を履かせないか、理由も知らず、エライから足袋が履けるという勘違...

続きを読む

二歩で日本人かシナ人か韓国人か分かる

大東亜戦争中にアメリカ軍が次のような【見分け方】を示した日本人は足を引きずって歩く、おそらく下駄とかの影響だろう一方、シナ人や韓国人は欧米人と同じ歩き方をする。それって、正鵠を射ている「足心」から着地するのは日本人の武道の嗜みで、当然であり、「かかと」から着地するなどありえない。日常では、西洋体育の影響で、わたしですら「かかと」から着地する歩行を行っている(笑)ただ、私は松山商業の駅伝選手であった...

続きを読む

身の規矩の大事

身の規矩は自分の寸法を知ることである。もう50年前になるが松山商業陸上部長距離班のころ、ロードは毎日20km走った。中でも苦しかったのはトラック(400m)でのインターバル走だった。トラックでは10km走ると決まっていた。400mの全力走は25本200mなら50本まるで、根性の世界でした(笑)とりわけ記憶に残っているのは、1000m走だ、私はタイムを3分ちょうどに設定し10本を走った。それより早くても遅くてもいけない。1000...

続きを読む

プロフィール

無端庵有限齋晟輝

Author:無端庵有限齋晟輝
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会の宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

日根野イオンカルチャースクールで相対稽古 May 27, 2017
いこう、賤なるモノ May 25, 2017
松山ネタ「小政寿司」 May 24, 2017
気分転換 刀装の変更 May 24, 2017
浮雲會 にて 奥居合(口伝もりもりその2) May 23, 2017

写真集

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
759位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
56位
アクセスランキングを見る>>