記事一覧

【再掲】 端正に生きる

端正に生きる2014/12/14 10:45Remy de Gourmont ( 1858~1915 )は実に心に響く言葉を刻んでいる「思想の偉大さは極端論の中にのみある」世は太平であり、日本のどこにも戦場はない。形を変えた戦争は身近なところで繰り広げられ今や日本はその瀕死の負傷者で埋め尽くされているじわじわと、化学物質が忍び寄り、防波堤もないまま、マスク人間が増えてきているのが証拠である電磁波障害、遺伝子組み換え食料、過剰医...

続きを読む

【再掲】 志操的背景のないものは取るに足らず

近年、志操(思想)のあやふやな人が跋扈している自分の位置を定めることなしに、他者と論議は出来ないまして、自分が進む道を「確定」出来るはずもない自らを守る術なくて、愛するものを守る術などない。「人の志操(不変の志)は失意の時に真にして、人の情好(友情・愛情)は失意の時に密なるものである」大隈重信一番嫌いなのは、ヲタクのネトウヨである。暗い自室に篭もり、肥大した情報を操ることで満足を得ているらしい。シ...

続きを読む

なぜ日本人は学ばなくなったのか

日曜は読書だ。これを読みながら、昨夜の瑞月会を思い出した。【拝見】が行われようとしている全員が注視する中,一人で演武を行うことを拝見と呼んでいる。 観る方も緊張してみるのが礼儀である。前に座った一水師範のほうが余計緊張しているようだ(笑)カルチャー教室とは言え、武道の雰囲気が濃厚な瑞月會では、毎度の「カルチャーショック」が会員の興味をぐんぐんと引き出して、更に深化してゆく。Yちゃんは祖父様から真剣を...

続きを読む

日常生活の中の真理

日曜日、ゆっくり目覚めた。この団地は第一日曜日に住民が総出で清掃作業をする。実にめずらしいコミュニティーで自治会がしっかりしている。今日はダーリンがその清掃作業に出向いてくれた。午前8時からの清掃時間には私は布団でグズグズしていたから大変な朝寝坊をした感覚だ。夏の疲れが今頃出ているのかもしれない。私はTVは見ない、新聞も読まない生活だから、日曜は本を読む。慌ただしい生活の中で、窓辺で本を読むのも贅沢...

続きを読む

止めようのない現実に異を唱えよう

今日、大阪は都島で、あまりの暑さに喫茶店に入った。なんでも帝塚山(高級住宅地)にある有名なパン屋さんの支店らしい。まずくもない(決して美味でもない)珈琲を飲んだ、水はと見ると、セルフでこういうものがあった。ギョエ~なにが悪いかというと、レモンです。話せば長くなるのですが、このレモンこそ、日本人が半病人になった元凶。ポストハーベスト農薬解禁のレモンです。ポストハーベスト農薬は各自で検索してください(...

続きを読む

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会・萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

私の立脚点 Sep 22, 2017
完全オーガニック 自家製パン Sep 22, 2017
人は死んだらどうなるの? Sep 22, 2017
【再掲】 端正に生きる Sep 22, 2017
ヤルノさんからのメール Sep 20, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
87位
アクセスランキングを見る>>