FC2ブログ

記事一覧

【お知らせ】納会 忘年会 決定事項

納会・忘年会の決定事項納会 (時)  12月10日(sun)  午後1時30分集合            午後2時~5時(所)  岸和田市総合体育館 武道場忘年会  岸和田市 「浜力」各道場長は参加人員を確定し、幹事道場に報告をお願いします。     ...

続きを読む

心身統一居合道

心身が統一していない居合道はないだろうが、敢えて標榜するのは意味がある。心の働きと、身体の働きを調和さすところに主眼を置いたのは、道場設立時からの方針である。無有庵師範のご子息が体験入門をしている。どの師範につくか、また入門を許されるのか、実に微妙な時期であろうが、その少年が日根野イオンカルチャーに参加した。女性が多い瑞月會 Yちゃんに指導している一水師範父親の無有庵氏は日根野イオンから少し離れた...

続きを読む

メトロノーム成功実現法 ―庄田幸生-

畏友というべきか、尊敬する武人というべきか・・・・氣の研究会、心身統一合氣道「悠心館」師範 庄田先生のメトロノーム成功実現法を再読した。平成22年2月初版先生からいただいて、メトロノームも買い込んで実践したころがある。ただし、その時はメトロノームの機種がテキトーだったので継続できなかった。今日、再読して随分と腑に落ちるところが見つかったので、さすがだな~と大いに感心した次第である。※ 「潜在意識に...

続きを読む

よもつひらさか往還

ダーリンが「よもつひらさか往還」を図書館で借りてきた。久しぶりで倉橋由美子がやってきた感がある読書感想はこちら→よもつひらさか往還アプレゲール・アバンギャルドを代表する女流作家で、私の最も好きな小説家だ。夢の浮橋は、S46年に上梓された、本仮名遣いの小説で、大相な衝撃を受けたものだ。土佐山田の倉橋医院の娘さんが、そんな人生を送るとは・・・・・・・・・・・・ブンガクは人生に欠かせないスパイスである。...

続きを読む

スーツの下につけるもの

立派なスーツを着ても、駅の通路に立ちはだかっては何にもならない。ベスト代わりにつけるものは【廉恥】の心だろう。紳士は「歩きスマホ」などしない。駅の雑踏でも10m四方に気を配り、数秒後に起きる出来事を俯瞰しながら歩いているものだ。自分の立場で・・・・・係長なら係の人々の動きを目の端で見ている課長なら、よその課の進捗とシンクロしているか気を配る部長なら、支店の塩梅も気に掛ける社長は、目をつむると、全部...

続きを読む

スーツについて

スーツについて私は仕事にスーツを着る。もちろん、キリリとネクタイもする。ネクタイのないスーツ姿など考えたこともない(笑)なんで、ネクタイをするのか知っていれば、ノーネクタイなどで済むはずもない。世上見かける、スーツは襟が狭く着丈も短い、タイトである。それは、何の問題もない、形を変えてゆかなければ新製品が売れないから、商業的戦略で、もっともな変更だ。基本になるスーツ(背広)のポリシーを変えず、格式を...

続きを読む

美は一度限り ―野村秋介―

美は一度限りは平成元年に上梓された。野村秋介といっても知らない人のほうが多いだろう。それは、かっこいい人(日本男児)で、一度だけ会ったことがあるが、思想的なリーダーというより、行動者であったような気がする。今日は3連休(自分の会社都合)の最終日だったから、岸和田カンカン(だんじりがやりまわしをするところ)の映画に出かけた。ダーリンも明日まで休みでホンマに都合よい一日だった。猿の惑星を3Dで鑑賞した。...

続きを読む

切磋琢磨の向こう側

他人と自分を比べないほうが良い。人には個性というものがある、自分が短所と思っていることでも、相手から見れば優れたところかもしれない。ライバル心が人を向上させるかどうか疑問である。勝ったと言って優越感にひたり、負けたと言って悔しがる。まるで、百面相で滑稽な「気分」だろう。自分の芯はここだ!と他者と比較することなしに示すことができる者は、心にゆとりがあるのではないだろうか。他者との比較でしか、自分の位...

続きを読む

基道館入門案内

基道館は無双直伝英信流で全日本居合道連盟に所属しています。         師範宗師範    大城戸無端庵 錬士七段無端塾師範  塚本無識庵  錬士七段  夢想月下無端流剣体術二代師家卍堂師範   塚本無傳庵  錬士七段   卍一刀流試刀術七代宗家浮雲會師範  高橋無砦庵  錬士六段  無双会師範  小原無双庵  錬士六段  (客員・大阪無双会所属)月影会師範  楠本無学庵  錬士六段 瑞月会師範 ...

続きを読む

勇気のあり場所

日根野イオン、カルチャー教室に向かった。今夜は、仕事帰りで稽古着も刀もない。少し時間があったのでノートを買った。そして筆ペンも買い、裏表紙にこう書いた。基道館、瑞月会稽古日月抄最後の頁にはこう書いた嬉しひ楽しひ生きてゐる無端晟輝皇紀2677年10月21日(土) 雨稽古で思ったこと、一番は楽しいことその他のことを書いてくださいとお願いした。師範の一水さんにも渡した。指導者としてその日の出来事を記す、...

続きを読む

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会・萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

キャピタル ゲイン (疾病利得) Aug 23, 2018
年内最後の墓参り Dec 30, 2017
総括2 Dec 27, 2017
総括 Dec 24, 2017
月影会最終稽古 Dec 22, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
961位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
144位
アクセスランキングを見る>>