記事一覧

奈良 三輪山 岩倉 奉納演武

ぐるり神様「神起こし」を始められてから10年が経過したというTさん。

その記念の参拝に4名で参加した。

集合は 相撲発祥の地 相撲神社



DSC02122.jpg

DSC02121.jpgP1390130.jpg穴師神社

P1390129.jpg


P1390126.jpg犬鳴山に修験道関係の方が ライブで笛を吹いている

奥不動寺に移動
P1390134.jpg
P1390136.jpg
P1390137.jpg

雪駄で山道を行きますP1390143.jpg
P1390140.jpg
P1390139.jpg

表の神岩で、祝詞をあげると、神様が降りてきたそうです。
DSC02192.jpg

DSC02130.jpg
DSC02129.jpg

この日特別に霊能者が3名参加していました。
DSC02133.jpg神懸りした霊能者に尋ねる


不史庵5段も霊能者に見透かされて「とても驚きました、心の奥底に持っていた考えがポンと提示されて、自分の心底が明るみに出たようです」と語った。

私もやってもらったのだが、要旨は三点だ。

「任されていることを広めるように」

「弟子にはっぱをかけること」

「弱ったふりしても駄目、どんどん行きなさい」

まあ、やることをがんばりなさいと神のお告げだろう。



その後、岩倉と呼んでいる、本当の〚神岩〛(秘密の場所)で祝詞を上げて、演武を行いました。

無有庵師範代が人が変わったような業前を示しました。ちょっとびっくり!

六〇年安保のリーダーとして日本を守ろうと活躍したTさんは、まだまだお元気で「日本の神」を起こそうと念じていらっしゃりました。
P1390160.jpg岩倉での直会
P1390164.jpg

岩倉で、また祝詞を奏上しましたが、霊能者が神に代わって言うには

神「気持ちは嬉しく思うが、祝詞の意味がさっぱりわからんわい」とのことでした。そんなものかもしれませんね。



民族の神が大切なのかは、論をまたないが、そういう大事な観点を再確認した一日でした。
ただし、私は鈍いので 神が降りられても感じないのは残念だ(笑)


追記 
今日「不紹庵」助教からLINEが入っていた。   なんと、梅田でその霊能者のリーダーとばったり会ったそうだ。
   恐ろしいほどのご縁がつながっている。













スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会・萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

中川式毒出しツボ療法 Oct 17, 2017
B層庶民というのは恥ずかしい Oct 16, 2017
手首の格 「岸和田市天神山居合道(真剣道)稽古会」 Oct 15, 2017
萬重関塾長からの手紙 Oct 14, 2017
ん猫はガンラナ内 Oct 13, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
72位
アクセスランキングを見る>>