記事一覧

夕暮れの一杯

開高健文豪の対談集に夕暮れの一杯だか、黄昏の一杯だかがあったような気がする。


文豪独自の語り口で、面白かった。
どこで読んだのか、文豪がシンガポールスリングの話を書いていた。
その昔、文豪は彼のホテルのBARで流暢なクイーンズ・イングリッシュを話す華僑と夕日を見ながら語り合ったそうだ。
赤いシナ人は今や、日本では慮外者・恥知らずのレッテルを張られ汚物のような目で見られているが、そのような状況を生んだのは、毛沢東の「文化大革命」以降のことであり、今だけ 金だけ、自分だけという情けない国民性になってしまった。
しかし、世界には赤い洗礼を受けないで独自の中華社会を築いている人々もいる。華僑のすごみはそのあたりにあるのだろうか。
違う文化を背負った二人がシンガポールの夕日に杯を傾けるのはいい絵になるだろう。


私もその格別なホテルで黄昏に浸りながらながら極上のカクテルを飲みたいものだ。

*************************************************

こちらも、日のあるうちから「ハイボール」と決め込んだ

日曜ということもあり、8時過ぎに目覚めてからなんということも行わない。

TVなどは論外で、音楽も聞かない。

やったことといえば、図書館に本を返しに行ったことくらいだろうか。


それにしても、図書館司書という女性たちは実に素晴らしい仕事をするし、しつけも気持ちいいくらいの完成度だ。
今日は、東岸和田駅前の図書館で、借りてみた。
P1010233(1).jpg

トイレで読むつもりだ(失礼)


※本題

夕暮れにハイボールを作る
ご面相が悪いが味のいいレモンが手に入ったそうでそれを使う
DSC02474.jpg

158777pou.jpg

とはいえ、音楽がないでは少し寂しい


タペストリーは大学を中退し東京から持ち帰った3枚のレコードの中の一枚です



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会・萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

中川式毒出しツボ療法 Oct 17, 2017
B層庶民というのは恥ずかしい Oct 16, 2017
手首の格 「岸和田市天神山居合道(真剣道)稽古会」 Oct 15, 2017
萬重関塾長からの手紙 Oct 14, 2017
ん猫はガンラナ内 Oct 13, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
72位
アクセスランキングを見る>>