記事一覧

論理が低い人に居合は無理

少々耳が痛い話

号令をかけて、抜きつけ50回などという某連盟には素晴らしい居合者は育たない。

理由は簡単

居合は今でいう剣道練士以上のものが習うことができた秘術だった。

剣道練士の運動能力もさることながら、掟を理解して、「それはなぜか」という発掘作業ができる人だけに窓が開く

当然、古書、資料につき、理解できる国語能力も必要である。

筋肉や、反復練習で獲得できる範疇にないのが居合である


だから、居合をやっている人でも「言葉」が不自由な方のレベルはおのずから判明する



語彙=居合のレベルといっても過言ではないだろう

居合は対敵行動であるから、真剣勝負でやり直しがきかない。
その意味を考えないで、気楽に居合をやるというところもある(あかんでしょう)
試合という仮想に逃げ込んだ連盟もある(もっとあかんでしょう)


そういう視座で、居合のブログを見ると面白い
あほが見える!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会および萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

言いたい放題の59分 Aug 16, 2017
止めようのない現実に異を唱えよう Aug 14, 2017
模擬刀といえどもスイカを切ってはならぬ Aug 13, 2017
夏休みの宿題 Aug 11, 2017
【再掲】 2016 「夢の浮雲」の記事から Aug 11, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
83位
アクセスランキングを見る>>