記事一覧

【再掲】 志操的背景のないものは取るに足らず

近年、志操(思想)のあやふやな人が跋扈している

自分の位置を定めることなしに、他者と論議は出来ない

まして、自分が進む道を「確定」出来るはずもない

自らを守る術なくて、愛するものを守る術などない。

「人の志操(不変の志)は失意の時に真にして、人の情好(友情・愛情)は失意の時に密なるものである」
大隈重信


一番嫌いなのは、ヲタクのネトウヨである。
暗い自室に篭もり、肥大した情報を操ることで満足を得ているらしい。
シナや半島を攻撃することが正義のように思い込んでいる。
本当の敵は別にいることに気が付かないのだろうか?
完全にガス抜きされている状況だと思う。



******************

宗教は人間の規範を定める身近なものでこれに親しむのはよいことだ

哲学は真実に肉薄する試みで大いに奨励する

ブンガクは人間の心情に熱意を持っているから読んで心の栄養となる

ところで、ユダヤ人青年マルクス君がロスチャイルドをスポンサー(黒幕)にして大英図書館ででっち上げた共産主義などという中身の無い思想もあるから気をつけた方がよい。言葉では美しい理念を説くが永久運動理論のようなもので、実際に共産主義になった国を眺めればどれだけアホなのか猿にでも分かる。

旧ソ連  (収容所列島)

クメール・ルージュのカンボジア (キリングフィールド)

シナ (毒ガス大陸)

イルミナティーは資本主義の当て馬として共産主義を用意していた。共産主義がサイコーと唱えるバカは、ネガティブフィルムの世界を現実と強弁しているに過ぎない。

*****************************

以上は武道にも当てはまる事柄であり、思想のあれこれ、宗教のあれこれと酷似している
私の若いころには新左翼などという思想が流行しヘルメットを被り、覆面をした卑怯者が大学を埋め尽くしたものだが、彼らはどこに行ったのか行方も知れない。その時大多数でも集団で間違っている事柄は多い、
居合に限って言えば床上何センチや足の角度は何度とかいう「格好」を求める連中、なぜそうなのかを説明できない師範。
腕立て伏せのような刀礼、そんなものを拝見したらこちらが恥ずかしくなってしまう。

伝統文化を継承する営為はタダ事では済まないという決意を示す師範ならよし、段が目的や試合を推奨するような道場では事の本質を見極める必要があるだろう。
今日も書店で居合解説書を手にとった、噴飯物の内容が綺羅星のごとく掲載されていた。
彼らこそ伝統の破壊者だろうと思った。
タチの悪い新興宗教のようなものだ。

当事者というのは自分たちの思想が正しいと信じているから、どうにもならない。
時勢とはいえ情けない限りだ。
私の余生は自分だけで完結せず、居合で培った「熱」を広く社会に還元できる志操堅固な人材を育成したいと、石のように堅く念じている。

DSC07676.jpg
DSC07671.jpg
DSC07718.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会・萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

中川式毒出しツボ療法 Oct 17, 2017
B層庶民というのは恥ずかしい Oct 16, 2017
手首の格 「岸和田市天神山居合道(真剣道)稽古会」 Oct 15, 2017
萬重関塾長からの手紙 Oct 14, 2017
ん猫はガンラナ内 Oct 13, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
72位
アクセスランキングを見る>>