記事一覧

ラ♪ シ♪ ド♪ 会話

大阪天王寺谷町線地下喫茶店 16:25

その喫茶はセルフ式で喫煙コーナーもあるゆったりした作りだが、メインの通路から外れたところにあり、人は少ない。
私は遅めのコーヒーブレイクをしていた。

ドヤドヤと闖入してきた4人連れは、バッタモンのTシャツがよれて頓珍漢なボトムとの見事にセンスのない服装のオバンとその子どもたちだった。

あたり構わない大声だがなにを言っているのかわからないから外国人だろうと思った。
しかし、シナ官語ではない(私は少しだけ話せる)

うるさい連中だな~と思いながら珈琲を飲み終えた。
カップを返しに傍を通ると
「アカンワ」 「ソヤロッ」 と言っているではないか(驚)
ナンだ大阪人ではないか、日本語に聞こえなかったことに戦慄を覚えた。


コトバが薄れてゆく、
彼等は ラ音~ド音域で話していたのが理解できた。文節も、抑揚もない単語の羅列が会話であるのだろう。


三島由紀夫の【春の雪】のように、澄み切った水晶のように精緻なコトバを紡げとは思わないが、こりゃあ、あまりにもお粗末だ。

************************************************

大昔、地方選挙に出馬することになった私は、話し方の基本を学ぶために「堺話し方教室」に通った、

話すには
明瞭な発声  態度(姿勢) それなりの身形  テーマを確定しておく

導入   挨拶 季節の話(枕)
起承転結  (ユーモアを忘れない)
     別れの挨拶

以上のように心得ている。

テーマは確定しておくこと 、メインテーマが自分の価値観、生き方(過去~未来)にシンクロしていてブレはないだろうか。
話すうちに文脈から外れてくることもある、テーマになる語彙を腹の底に据えておくこと。

適正なコトバが見つからないときにはしばし沈黙するのもよし。
間というものも必要だ。

テクニックとしては
コトバの強弱 (語彙においても 声の大きさにおいても)
スピード  緩急をつける
視線  ゼスチャー  身体信号を出す



*************************************************


まあ、話をするだけでも勉強が必要で、それが人間関係の重要なところだろうと思っている。

武道の稽古だって事前に準備していて当然で、担当師範に任せるにしても、私なりにテーマを決めておく
P1100940.jpg

予定どうり行かなくてもOK  
うまく行かなかったことが研究の材料となり、私の指導に磨きがかかる(笑)

師範たちはそれを見て育つ!

弟子たちもそれを見て成長する

循環無端そのものだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)

Author:大城戸豊一基輝(無端庵晟輝)
全日本居合道連盟
 【基道館】
無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月会・萬重関塾などの宗師範 

基道館

無双直伝英信流居合道 無想月下無端流剣体術 卍一刀流試刀術 それら伝承の古流を「真剣道」と呼称し居合維新を標榜する

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

中川式毒出しツボ療法 Oct 17, 2017
B層庶民というのは恥ずかしい Oct 16, 2017
手首の格 「岸和田市天神山居合道(真剣道)稽古会」 Oct 15, 2017
萬重関塾長からの手紙 Oct 14, 2017
ん猫はガンラナ内 Oct 13, 2017

写真集

Gallery

日本ブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
72位
アクセスランキングを見る>>